グラッシュビスタ

医療用医薬品として承認を受けたまつ毛貧毛症の治療薬です

グラッシュビスタ®は、米国ではFDA注1)の承認により2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に使われており、世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました注2)。

グラッシュビスタ

上まつ毛の豊かさを改善する外用薬です

2014年10月の時点で、「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」は国内初・唯一*の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品です。主要成分であるビマトプロスト(Prostaglandin F2α誘導体)の作用によりまつ毛が不十分であったり、不足している患者さんの上まつ毛の「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。

効果の例

注1)FDA:米国食品医薬品局
注2)睫毛貧毛症(まつ毛貧毛症)の治療は保険適用外のため、患者様の同意のもとに行われる自由診療となります。

グラッシュビスタ公式サイト

費用

グラッシュビスタ20,000円+消費税
初診料2,820円

副作用について

  • まぶたが黒ずんだり、目の周りが多毛になることもありますが、使用を中止すると元に戻ることもあります。
  • まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛みなどの症状があらわれた場合はただちに受診してください。
  • 使用の際には医師から十分に説明を受けてください。